返回首页

日本100首名歌朗读欣赏(7)

时间:2012-08-03 14:38来源:日语在线学习网 作者:kary 点击:

新标准日本语在线视频教学

  

日本100首名歌朗读欣赏(7)

点击查看大图

点击查看大图

7番
出典:「古今集」より

上の句:天の原 ふりさけ見れば 春日なる
上の句読み:あまのはら ふりさけみれば かすがなる

下の句:三笠の山に 出でし月かも
下の句読み:みかさのやまに いでしつきかも

作者/歌人名:安倍仲麿(あべのなかまろ)


■和歌の意味
大空はるか遠くをながめると、月がのぼっているが、あれは故郷日本の笠山に出ていた月なのだろうかなあ。

■口語訳
大空を振り仰ぎ、はるか遠くを眺めると、東の空に美しい月が上っている。あの月はきっと、私が少年のころに見た、故郷の奈良の三笠山に出ていた月と同じ月だろう。
ああ、早く日本へ帰って、奈良の春日にある三笠山にのぼるあの月を眺めたいなあ!

三笠山——古代著名景点
点击查看大图

■作られたワケ
仲麿は留学生として中国にいましたが、51歳になったとき玄宗皇帝に帰国を願い出ました。
そして帰ることになり、明州の町で宴会を開きました。その時に、故郷を思う気持ちが思わず口をついて出たそうです。  

■作者プロフィール
安倍仲麿(701~770)
712年、十六歳の時留学生として唐に渡り、政治や法律のことを学び、玄宗皇帝に仕えました。
漢詩を作るのが上手で、唐の詩人の李白や王維たちとも友達でした。  

■出展・時代背景・文法事項など

出展は『古今集』羇旅・406。留学生として唐に渡った仲麻呂が、別の遣唐使の船で日本に帰ることになり、明州での送別の宴の折に、美しい月が出たのを見てこの歌を詠んだとされる。  

【词汇注释】

【天の原】あま‐の‐はら
広く大きな空:广阔的天空

【振り放け見る】ふりさけ・みる
振り仰いで遠方を見る:仰望天空

【春日】かすが
地名。奈良附近。

顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

TAG标签: 日本 名歌朗读 名歌欣赏

分享到:百度收藏 百度 转帖到开心网 开心网 转帖到人人网 人人网 转帖到豆瓣 豆瓣 转帖到搜狐白社会 白社会 添加到QQ书签 QQ书签 添加到google 谷歌

------分隔线----------------------------
最新评论 查看所有评论
发表评论 查看所有评论
请自觉遵守互联网相关的政策法规,严禁发布色情、暴力、反动的言论。
评价:
表情:
用户名: 密码: 验证码:
日语在线学习视频
赞助商推荐

快速导航