返回首页

日本语能力考试二级必备慣用語

时间:2010-08-29 15:23来源:日语在线学习网 作者:lengke 点击:

新标准日本语在线视频教学

  

  二の足を踏(ふ)む (一歩目は進みながら、二歩目はためらって足踏みする意から)思いきって物事を進めることができないさまをいう。どうしようかと迷う。

  にのうで「二の腕」

  1 肩から肱(ひじ)までの間の腕。上膊(じょうはく)。

  2 肱と手首との間の腕。〔日葡辞書〕

  二の裏(うら) に(二)の懐紙(かいし)

  二の表(おもて) に(二)の懐紙(かいし)

  二の=懐紙(かいし)[=折(おり)] 連歌、連句の懐紙で、連句一巻のうち、折紙の二枚めの称。百韻ではその表を「二の表」、裏を「二の裏」といい、歌仙では、「名残りの表」、「名残りの裏」という。

  二の替(か)わり

  1 江戸時代、京坂地方の歌舞伎で、顔見世興行(一一月)の次の興行。また、その狂言。一二月下旬より始める。また、一月一五日より興行される春狂言もいう。二番目。二の替わり狂言。

  2 演劇興行中で、演目を入れ替えた二度目の興行。また、その演目。

  二の木戸(きど) 砦などの、表から二番目の門.

  二の句が継げない (朗詠の二の句は高音に歌うので、独唱からその高音を続けて合唱に移ると、息の切れることもあり、「二の句を続けるのは容易でない」の意で)あきれたり、驚いたりして、言うべき次のことばが出てこない。

  二の膳(ぜん) 本膳料理の中の一つで、本膳の次に出る膳。

  二の対(たい)

  1 寝殿造りで、一の対に対して、東北西北の対をいう。

  2 寝殿造りの配置形式が崩れ、後方に対屋がいくつか並んだとき、その二番目の対屋。

  二の太刀(たち) 二度目に切りつけること。また、その太刀。

  にのつぎ「二の次」

  二番目。そのつぎ。あとまわし。「勉強は二の次にして遊びまわる」

  二の鼓(つづみ) 雅楽に用いる鼓の一種.一の鼓より大きく、首にかけて一本の桴(ばち)で打つという。現在は伝わっていない。

  二の手(て)

  1 戦陣で一番手の次に出る軍隊。二番手。

  2 あとまわし。二の次。

  二の胴(どう)

  1 人体の胴の上部で、一の胴より少し下の肋骨八枚目の上部の称。

  2 和船の船梁(または櫓床)で区切られた間(ま)の呼称の一つ。間数の多い大型船では、胴の間と淦間(あかま)とのあいだの間をいう。

  二の酉(とり) 一一月の第二回目の酉の日。また、その日に行われる市。《季冬》

  二の人(ひと) 一の人につぐ人。摂政関白などにつぐ地位の人。

  にのまい(‥まひ)「二の舞」

  Ⅰ 舞楽の曲名。沙陀調(現在は壱越調)の古楽.安摩(あま)の舞の次にそれを見ていた二人の舞人(笑い顔の面の老爺と腫れただれた顔の面の老婆)が滑稽な所作で安摩の舞をまねて舞う舞。唐楽に属する。

  Ⅱ

  1 人のあとに出てそのまねをすること。*万寿二年阿波守義忠歌合「闇はあやなしと詠めるは、色こそ見えねといふ歌のにのまゐのをこがましきに」

  2 前の人の失敗を繰り返すこと。「二の舞を演ずる(ふむ)」

  二の町(まち) (「町」は等級、階級の意)第二級。二流どころ。「上(かみ)の町」に対していう。また、のちには、特に容貌のかんばしくない女性をいう。*源氏┲隳尽付韦蓼沥涡膜浃工胜毪伽贰

顶一下
(2)
66.7%
踩一下
(1)
33.3%

TAG标签: 日语考试 日本语能力考试 二级必备慣用語

分享到:百度收藏 百度 转帖到开心网 开心网 转帖到人人网 人人网 转帖到豆瓣 豆瓣 转帖到搜狐白社会 白社会 添加到QQ书签 QQ书签 添加到google 谷歌

------分隔线----------------------------
最新评论 查看所有评论
发表评论 查看所有评论
请自觉遵守互联网相关的政策法规,严禁发布色情、暴力、反动的言论。
评价:
表情:
用户名: 密码: 验证码:
日语在线学习视频
赞助商推荐

快速导航