返回首页

日语“莫西莫西!”原来是这样诞生的!

时间:2012-04-02 15:02来源:日语在线学习网 作者:随心 点击:

新标准日本语在线视频教学

  

      现今,“莫西,莫西!”「もしもし」已经成为接电话时最常用的日语口语。那么,这到底是从何而来呢?说起来,还有个很有趣的故事呢!

【日文版】

電話機は1876年アメリカ人から発明された。翌年、発明者本人が日本の宮内庁に来られて実地で皇家に演じた。

1890年、日本の普通の平民が電話を使い始めた。最初は東京と横浜で、当時の電話使用申請者が僅かの230余人いたそうである。

しかしその時、日本語の中には「hello」を代える言葉がなかったから、アメリカで専ら電話を研究した加藤木という専門家は「もしもし」という言葉を創出して「hello」を代えた。

ただし、「もしもし」という言葉が創出されたが初めではやはりすぐに行渡る仕方がなかった。すると電話を掛ける時に「ウエー、ウエー」と叫んでいて、それから受ける人が始めて「エー、何のことがありますか」と答えた。数年の後、電話用語の答える言葉が「もしもし」に統一された。

今は普通と言えば、日本人は他人に電話を掛けると、先ずは自分の名前を言い、続いて「何々のお宅ですか」と問い、間違いない場合に始めて誰々を探したいか何々のことがあるなどの目的を話し出した。電話を受ける人も先ずは自分の名前を教えて、先ずに「もしもし」と言われる人が極少ない。

「もしもし」は普通、話中声が聞こえないか向こうの人が答えない場合に使う言葉である。ただし、携帯を普及してから普通先ずは「もしもし」と呼び、受ける相手は貴方の探したい人だからである。

家にただ女の人や私のように独身家庭は普通警戒心があり、電話を受ける時にただ「はい」と答えて、向こうから相手の名前や目的を話してから始めて自分の身分を表明する。

でも、ビジネス場合で「もしもし」は社内外を問わず使用しないのが一般的です。特に社外ではほとんど使われていないといっていいと思います。

 

【中文版】

      电话是1876年美国发明的。第二年,发明者本人就到日本宫内厅实地表演给皇家看。

      1890年时,日本一般平民才开始使用电话。最初是东京和横滨,据说当时申请电话线的人仅有230多人。

      但当时日语中没有可以代替「哈啰」的词,于是曾在美国专门研究电话的一位名叫加藤 木的专家,便创造出「莫西、莫西」这词代替「哈啰」。

      不过,「莫西、莫西」虽然被创造出,起初还是无法立即普及,于是有人在打电话时喊着「喂、喂」,然后接电话的人才回说「嗨,有什么事吗?」数年后,电话的回应词才统一成「莫西、莫西」。

      现在一般说来,日本人在打电话给人家时,第一句会先报出自己的姓氏,再问对方是不是某某家,若没打错,才报出要找某某人或有某某事等目的。接电话时,第一句也是先报出自家姓氏。很少有人会在第一句就说「莫西、莫西」。「莫西、莫西」是在中途听不到声音,或没人反应时才会用到。不过,手机普及以后,一般通常都先喊出:「莫西、莫西」,因为接电话的一定是你想找的对象。

      但是在商务场合,无论公司内外一般都不用「もしもし」。特别是在公司外基本不用「もしもし」。

顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%

TAG标签: 日语学习 日语口语 莫西莫西

分享到:百度收藏 百度 转帖到开心网 开心网 转帖到人人网 人人网 转帖到豆瓣 豆瓣 转帖到搜狐白社会 白社会 添加到QQ书签 QQ书签 添加到google 谷歌

------分隔线----------------------------
最新评论 查看所有评论
发表评论 查看所有评论
请自觉遵守互联网相关的政策法规,严禁发布色情、暴力、反动的言论。
评价:
表情:
用户名: 密码: 验证码:
日语在线学习视频
赞助商推荐

快速导航